ブログ記事一覧

catch-img

失敗しない採用戦略の立て方|優秀な人材を引き寄せる方法を解説


激化する人材獲得競争において、競争優位を高めていくことは重要でありながらも、容易なことではありません。


激しい人材獲得競争のなか、条件にマッチした人材を獲得するためには、「採用戦略」を立てる必要があります。


本記事では、採用戦略のメリットや戦略の立て方を詳しく解説しているので、効果的な採用に是非お役立てください。


目次[非表示]

  1. 1.採用戦略とは
  2. 2.採用戦略を立てる3つのメリット
    1. 2.1.理想の人物を採用できる
    2. 2.2.採用コストの削減
    3. 2.3.早期離職やミスマッチの低減
  3. 3.採用戦略立案の流れ
    1. 3.1.STEP1:自社の方針を把握する
    2. 3.2.STEP2:採用戦略立案のための人員確保
    3. 3.3.STEP3:採用計画を立てる
    4. 3.4.STEP4:ペルソナを設定する
    5. 3.5.STEP5:自社の強みを明確にする
    6. 3.6.STEP6:採用手法の選定
  4. 4.採用戦略を実行する際のポイント
    1. 4.1.社内で戦略を共有する
    2. 4.2.PDCAサイクルを回す
    3. 4.3.面接スキルを磨く
  5. 5.採用戦略を立てて優秀な人材を獲得しよう


採用戦略とは

採用戦略とは、企業が求める人材を獲得するために立てる戦略です。


組織や事業が安定して成長を続けるためには、経営資源の重要な要素である人材」獲得に注力する必要あります。

しかし、近年は少子高齢化により労働人口が減少し、採用が難化しています。


採用戦略は中期経営計画や事業計画をもとに、市場の動向や求職者のニーズを踏まえたうえで、どのように採用活動を進めるか決定することで採用効果を高めることが可能です。

そのため、各企業は採用戦略の強化に注力しています。


採用戦略を立てる3つのメリット


理想の人物を採用できる

採用戦略は、市場の動向や求める人材のニーズを踏まえて戦略を立てるため、求人広告に記載する内容やスカウトの精度が高まります。

募集段階で理想の人物像に自社の強みや魅力が伝わりやすくなるため、求める人材からの応募や内定承諾率の向上が期待できるでしょう。


また、採用基準が明確になっているため、優秀な候補者が見逃されるリスクを避け、必要なスキルや経験を持った人材を採用できます。


採用コストの削減

採用戦略を立てることにより、採用活動の軸が明確になり、数ある採用手法の中から自社にとって最適な手段を選択できます。


採用方針が定まることによって、方針にマッチしていないものや何となく続けていた採用手法などを見つめ直し、無駄なコストを削減できます。

また、ターゲットにそぐわない手法を削減することにより、採用効率の向上も期待できるでしょう。


結果として、採用にかかる時間とコストを節約することが可能になります。


採用コストの相場は?採用コストの内訳や削減方法をご紹介!


早期離職やミスマッチの低減

採用戦略の立案は、早期の離職防止や採用ミスマッチの低減にもつながります。

人材を採用するためにかけた時間や費用を無駄にしないためにも、自社で長く働いてくる人材を採用することは非常に重要です。


採用戦略を立てると、自社の強みや弱みを見出せたり、自社で活躍できる人材の特徴を把握できるため、採用時に自社にマッチする人材を見極められます。

特に、早期離職は周囲の社員のモチベーション低下や企業のイメージダウンにもつながるため、離職率が高い企業は、速やかに採用戦略の立案に注力する必要があるでしょう。


採用戦略立案の流れ


STEP1:自社の方針を把握する
STEP2:採用戦略立案のための人員確保
STEP3:採用計画を立てる
STEP4:ペルソナを設定する
STEP5:自社の強みを明確にする
STEP6:採用手法の選定


STEP1:自社の方針を把握する

採用戦略は、企業成長の実現のために、企業の経営計画や事業計画に基づいて実施する必要があります。

そのため、まずは自社が今後どのように既存事業を拡大していくのか、新規事業を立ち上げるのか、企業の中長期的な方針を把握しましょう。


STEP2:採用戦略立案のための人員確保

採用戦略は採用担当のみでなく、各部署の責任者や経営陣と共に立案するべきです。

採用後に自分の部署やチームに配属される可能性を想定し、連携することが非常に重要です。


なお、採用戦略を効果的に進めるためには、充分なリソースがあることが成功のカギとなります。

自社にリソースが不足している場合は、採用支援サービスを利用することも有効な手段です。


STEP3:採用計画を立てる

経営計画や事業計画をもとに、どのポジションに何人必要か計画を立てます。

採用人数の目標を立て、採用スケジュールや、募集から採用までの選考フロー、説明会の日程、内定者のフォロー体制等を定めていきましょう。


STEP4:ペルソナを設定する

続いて、事業計画や各部署の人材状況を整理したうえで、ペルソナを設定しましょう。

ペルソナは、採用ターゲットよりも詳細に人物像をイメージできるよう、属性や年齢のみでなく、必要な経歴やスキル、勤務条件、価値観に加え、性格や行動パターンなど、細かく設定します。

採用したい人物像の解像度を高めることで、選考基準が明確になり、採用ミスマッチを防ぐことが可能です。


【無料でダウンロード】実践シート付き!ペルソナの設定方法を解説した資料はこちら!

  カスタマージャーニーマップ作成ガイド カスタマージャーニーマップの基本情報から作成手順まで事例を紹介しながら、分かりやすく解説しています。 すぐに使える無料テンプレートも是非ご活用ください。 株式会社エス・グルーヴ


STEP5:自社の強みを明確にする

ペルソナ設定した人物像に対して、アピールできる自社の強みを明確にしておくことで、他者との差別化を図れます。

求職者のニーズ、過去の採用傾向、競合他社の強みや弱みを分析したうえで、採用活動で軸とするアピールポイントを絞りましょう。


STEP6:採用手法の選定

ペルソナ設定や自社のアピールポイントが決定したら、何を使って採用活動を進めていくのかを決めていきます。


【代表的な採用手法】
・オウンドメディア(ホームページなど)
・求人広告
・ダイレクトリクルーティング
・人材紹介
・Web広告
・リファラル採用(社員紹介)



採用したい人物像によって、有効な手法やチャネルが異なるため、それぞれの特性を理解したうえで、選定しましょう。


▼関連記事

  "採用ブランディング”を成功させるためには?事例・メリット・進め方を徹底解説 採用活動において自社の魅力訴求やイメージアップを図る「採用ブランディング」が現在注目を集めています。 本記事では、採用ブランディングに取り組むメリット、事例、実際の進め方について徹底的に解説いたします。 株式会社エス・グルーヴ


採用戦略を実行する際のポイント


社内で戦略を共有する

採用戦略は、採用担当のみでなく社内全体で取り組むべき事項です。

戦略を効果的に実行するためには、社内での連携が必要不可欠であり、「どのような人物を採用するために、どのような計画を実行するべきか」について共通認識を持っておくことが重要です。


受け入れ先となる部署としっかり連携をとり、共通認識を持つことによって、採用後のミスマッチを防ぐことができ、早期離職といったリスクも軽減できます。


PDCAサイクルを回す

採用戦略は中長期的に進めていくものであり、すぐに効果が得られるとは限りません。

そのため、戦略が「効果が高いものかどうか」を運用をしながら定期的に効果検証を行い、施策の実行と改善を繰り返し行うことが重要です。

なお、採用数を達成できたとしても早期離職が多い場合には、それは成功とは言えません。

入社後の定着率も含め、改善を繰り返しながら、効果的な採用活動を行いましょう。


面接スキルを磨く

優れた採用戦略であっても、面接を行う担当者のスキルが不足している場合は、求職者の能力や会社との親和性を見極めることは難しいでしょう。

面接では、応募者の本音や考え方を引き出すことによって、正当な評価ができます。

そのため、面接官のスキルを磨くことは、採用戦略を成功させるうえで非常に重要です。


スキル不足にお悩みの企業は、採用支援サービスを検討することをおすすめします。


【無料ダウンロード】エス・グルーヴの採用支援サービス詳細はこちら



採用戦略を立てて優秀な人材を獲得しよう

今回は、採用にお悩みの方のために、採用戦略のメリットや、流れ、成功のポイントについて解説しました。

採用戦略を立てることで、以下のようなメリットを得られます。


・理想の人物を採用できる

・採用コストを削減できる

・採用ミスマッチ・早期離職の低減


企業成長の実現に向けて、効果的な採用活動を進めるためにも、採用戦略の立案に注力しましょう。


CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【お役立ち資料】
これ1つで販売代行のすべてが分かる!
【無料】販売代行まるわかりBOOK!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧