ブログ記事一覧

catch-img

D2Cブランドが店舗での販売を成功させるためには?出店のメリットや店舗運営のポイントを解説!


近年、オンライン上で成長を遂げたブランドや企業が実店舗を出店する事例が増えています。

特に、期間限定で店舗を出店するポップアップストアは、アパレル業界でも注目を集めています。


とはいえ、「初めての出店で店舗運営のノウハウが不足している」「ポップアップストアの開催を検討しているため、実店舗での販売を成功させるポイントを知りたい」などのお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。


本記事では、Ⅾ2Cブランドが実店舗を出店するメリットや、店舗での販売を成功させるポイントについて詳しく解説しています。

上記のようなお悩みをお持ちの方は、効果的な店舗運営に是非お役立てください。


目次[非表示]

  1. 1.D2Cブランドの店舗進出が増えている背景
    1. 1.1.他社と差別化を図る必要があるため
    2. 1.2.百貨店の経営戦略
  2. 2.Ⅾ2Cブランドが店舗で商品を販売するメリット
    1. 2.1.顧客と直接コミュニケーションをとれる
    2. 2.2.商品やブランドへの信頼度を高められる
    3. 2.3.話題になりやすく高い宣伝効果が期待できる
  3. 3.Ⅾ2Cブランドが実店舗の出店を成功させるポイント
    1. 3.1.出店する理由を明確にする
    2. 3.2.経験豊富なスタッフを配置する
  4. 4.まとめ



D2Cブランドの店舗進出が増えている背景


他社と差別化を図る必要があるため

コロナ禍における消費者の購買行動の変化により、ここ数年でD2C市場に参入する企業が急激に増えており、市場規模は国内外で大きく成長しています。


2025年までの国内市場規模予測を算出した「デジタルD2Cの市場動向調査」によると、コロナ流行以前の2018年では1兆8,300億円でしたが、流行後の2020年には2兆円を大きく超えていることが分かりました。


また、2025年の市場規模は3兆円に達する見込みであることから、D2C市場に参入する企業は今後も増え続けると予測できます。


出典:『売れる ネット広告社』


上記の調査からも分かる通り、D2Cブランドが増加していることから、各ブランドは話題性や新たな顧客の獲得につなげるために、他社との差別化を図る目的で実店舗を出店しています。


百貨店の経営戦略

ここ数年、百貨店の課題として挙げられていた「客離れ」は、新型コロナウイルスの流行によってさらに加速し、厳しい経営状況が続いています。


こうした状況から、百貨店は業績回復のために、幅広い世代から支持を集めているD2Cブランドを期間限定のポップアップストアという形式で誘致し、新たな顧客を獲得しようという取り組みが各企業でされています。


これまでの百貨店は有名ブランド以外の出店は難しいとされていたため、D2Cブランドにとっても立地の良い場所にあり認知度の高い施設である百貨店に出店できる点は大きなメリットと言えるでしょう。


▼関連記事

  ポップアップストアを成功させるためには?出店先の特徴やメリットを紹介! 近年、アパレル業界で注目を集めている“ポップアップストア”ですが、運営ノウハウや販売員の不足に多くの企業が頭を悩ませています。 本記事では、ポップアップストアを成功させるためのポイントや出店先の特徴について、徹底的に解説いたします。 株式会社エス・グルーヴ



Ⅾ2Cブランドが店舗で商品を販売するメリット


顧客と直接コミュニケーションをとれる

オンライン上でもサイトやSNSの動画配信機能を利用して、顧客とリアルタイムでコミュニケーションをとることは可能です。


とはいえ、時間や文字数に制限があることや、対応できる人数に限りがあるため、一人ひとりの反応を見ながら商品やブランドの魅力を伝えることは難しいでしょう。


一方で、店舗では一人ひとり反応を見ながら相手に寄り添った接客ができるため、より的確に商品やブランドの魅力を訴求できます。


また、顧客が商品を手に取った時の反応や購入に至らなかった要因を把握できるため、今後のマーケティングにも活用できます。


商品やブランドへの信頼度を高められる

顧客の中には、商品の素材やサイズを直接確認できないため、オンラインのみで販売しているブランドの商品を購入することに抵抗がある方も少なくありません。


特に、価格が比較的高いブランドでは品質などを「自分の目で確かめてから購入したい!」と考える顧客も多いでしょう。


それに比べて、実店舗では商品を見て試すことができるため、サイズや品質への心配もなく、安心して購入できます。

商品やブランドへの信頼度が高まれば、オンラインで購入するハードルも下がるため、サイトの利用者数増加にも繋がります。


話題になりやすく高い宣伝効果が期待できる

通常オンラインのみで販売しているブランドが店舗進出する場合は、希少性が高いことからSNS等で話題になりやすく、高い宣伝効果が期待できます。


実店舗は、オンライン上では表現することができない空間によるブランドイメージの訴求ができるため、什器や外装にこだわることで、ブランドの世界観を視覚的に伝えることが可能です。


そのため、ブランドや世界観の認知向上を目的とする場合は、プロモーションしたい商品がアピールできるようなディスプレイやSNSに投稿したくなるような外装にすると良いでしょう。


Ⅾ2Cブランドが実店舗の出店を成功させるポイント


出店する理由を明確にする

上記でも説明した通り、テストマーケティングや売上拡大、プロモーションなど、Ⅾ2Cブランドが店舗進出をすることで得られる効果は様々です。


しかし、目的によって指標とする数字が異なるため、目的が曖昧のまま運営してしまうと成功したかを正しく判断することはできません。


例えば、売上拡大を目的とする場合は当然売上を指標とする必要があります。

一方で、プロモーションを目的とする場合は、SNSのフォロワー数やサイト訪問数の増加率などが指標になります。


そのため、Ⅾ2Cブランドが実店舗の運営を成功させるためには、まず目的をリストアップし優先順位を決めた上で、目標ラインを明確に定めておくことが非常に重要です。


経験豊富なスタッフを配置する

店舗での販売を成功させるためには、接客を通していかにブランドや商品の魅力を伝えられるかが成功のカギとなります。

特にポップアップストアなどの短期出店の場合は、出店先の時間帯別の客数や客層を把握している経験豊富なスタッフを配置することが非常に重要です。


出店先の特徴を理解しているスタッフが店頭に立つことで、既存顧客以外のお客様にもブランドや商品の魅力を訴求することが可能となり、認知度向上や売上の拡大が期待できます。


とはいえ、通常オンラインで販売しているⅮ2Cブランドでは、販売経験が豊富な社員が不足しているという企業も少なくないでしょう。

そういった場合は、アパレル業界に特化した人材派遣サービスや販売代行サービスを利用することが有効です。


▼店舗の出店に伴い、販売スタッフの確保にお困りの方はこちらにお問い合わせください。

  お問い合わせ 株式会社エス・グルーヴ


まとめ

今回は、実店舗の出店を検討している方のために、店舗の出店が有効な理由や運営を成功させるポイントについてご紹介しました。


Ⅾ2Cブランドが店舗の運営を成功させるためには、出店する目的を明確にした上で、販売経験が豊富なスタッフを配置することが重要です。


とはいえ、「販売経験が豊富なスタッフが不足している」「実店舗の運営経験がないため、ノウハウが不足している」などのお悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。


そういった場合には、アパレル業界に特化した派遣紹介サービスを利用することがお勧めです。


エス・グルーヴでは、常設店舗のみならず期間限定の催事やポップアップストアでも、有名ブランドや百貨店、セレクトショップなどで経験を積んだプロの販売員を紹介・派遣することが可能となっており、ご希望のエリアでの販売員不足にすばやく対応いたします。


貴社が抱える人材確保・スキルの拡充などに対する課題を、経験豊富なアパレル販売スタッフが、エス・グルーヴで培った接客サービス力・店舗運営力を活用し、最大のパフォーマンスを発揮することで解決いたします。


また、「通常オンラインのみで販売しているため、販売員として適したスタッフがいない…」「店舗運営のノウハウが不足している」とお困りの際は、店舗の販売代行など運営を全てお任せいただくことも可能です。

店舗運営に関わる機能を一任できるほか、事業やブランドを深く理解し、目標達成に責任を持つパートナーとして、管理体制の構築や、売上向上につながる+αのご提案など、幅広い業務を行わせていただきます。


▼エス・グルーヴが提供する人材派遣紹介サービスの詳細はこちらをご覧ください。

  派遣紹介サービス 株式会社エス・グルーヴ


▼エス・グルーヴが提供する販売代行サービスの詳細はこちらをご覧ください。

  販売代行サービス 株式会社エス・グルーヴ


CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【お役立ち資料】
アパレル業界における
人材確保へ
解決すべき3つの優先課題解決ガイド

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧