ブログ記事一覧

catch-img

店舗の新人スタッフ育成に効果的な方法とは?新人教育のポイントやNG行動をご紹介!


新入社員が店舗に配属されてから1ヶ月ほどが経過した現在。

アパレル企業の中では「どんな教育法が適切か分からない」「新人教育がなかなか上手くいかない...」などとお悩みを抱えている店舗も多いのではないでしょうか。


本記事では、新人スタッフの育成方法にお悩みの方のために、やってはいけないNG行動や新人教育を成功させるポイントを解説しています。

上記のお悩みをお持ちの方は、効果的な新人教育に是非お役立てください。


新人教育に関するご相談はこちら


目次[非表示]

  1. 1.新人教育の目的とは
    1. 1.1.即戦力として活躍してもらう
    2. 1.2.早期離職を防ぐ
  2. 2.新人教育でやってはいけないNG行動3選
    1. 2.1.専門用語を多用する
    2. 2.2.感情的に叱る
    3. 2.3.教える側が1人で悩みを抱え込む
  3. 3.新人教育のポイント
    1. 3.1.新入社員が相談しやすい環境をつくる
    2. 3.2.仕事の手順のみでなく目的も伝える
    3. 3.3.教えるだけでなく実践させる
    4. 3.4.評価を丁寧に伝える
  4. 4.新人教育に有効な方法
    1. 4.1.OJT
    2. 4.2.動画マニュアル
    3. 4.3.外部研修
  5. 5.まとめ


新人教育の目的とは


即戦力として活躍してもらう

新人教育に注力することで、新入社員は仕事での業務スキルが向上し、早い段階で即戦力となってもらえる可能性が高くなります。


即戦力となる人材が増えれば店舗全体での業務効率が向上し、1人当たりの業務負担軽減や売上の増加が期待できます。


先輩スタッフにとっても多くのメリットがあることを理解した上で、新人教育に取り組むと良いでしょう。


▼あわせて読みたい「アパレル販売員に効果的な研修内容」の記事はこちら

  アパレル販売員に効果的な研修内容とは?研修を実施するメリットや研修事例を紹介! 近年、働き方改革やリカレント教育の需要が高まっていることから、研修に注力する企業が増えています。 とはいえ、アパレル販売員にはどういった研修が効果的なのかお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。 本記事では、研修を実施するメリットやアパレル業界で効果的な研修事例についてご紹介します。 株式会社エス・グルーヴ


早期離職を防ぐ

新人教育に注力することは、新入社員の早期離職防止につながります。


新人教育は仕事に対する心構えや業務の進め方を学んでもらうだけでなく、新入社員のモチベーション維持にも大きく影響します。


”自分を見てくれている人がいる”ということは新入社員にとって大きな支えとなり、勤続意欲の向上につながるため、1人ひとりに合わせた指導を意識しましょう。


新人教育でやってはいけないNG行動3選


専門用語を多用する

新入社員が理解できないような専門用語や社内でしか通じないような用語を多用することは控えましょう。


普段当たり前に使っている用語でも、新入社員の多くは理解できていない可能性があります。

「分からないことがあれば質問すれば良い」と思う方も多いかもしれませんが、新入社員の立場からすると「何から質問すればいいか分からない」「分からないことが多すぎて質問しづらい」と不安な気持ちになっていしまします。


使用するシーンが多い用語であれば、意味を解説した上で使用するようにしましょう。


感情的に叱る

新入社員の成長のためにも、不適切な言動やミスがあった場合に叱ることはとても大切です。

とはいえ、自分の感情をぶつけるような叱り方では、新入社員に恐怖心を与え萎縮させてしまったり、離職につながってしまうというリスクがあります。


また、他の人と比較したり人格を否定するような叱り方をした場合、パワハラで訴えられる可能性もあるため、そういった言動は絶対に控えましょう。


指摘するべきことはしっかりと伝える必要がありますが、「間違えていることを修正する」という目的を忘れずに冷静に落ち着いて対応することが重要です。


教える側が1人で悩みを抱え込む

新人教育を行う上で、企業は教わる側だけでなく、教える側にも配慮することが必要です。


新人の教育係となると、指導が上手くいかない場合、担当者はつい1人で悩みを抱えてしまう傾向にあります。

最悪の場合、精神的に追い込まれてしまい新人教育以外の業務にも支障をきたしてしまう可能性があるため、新人教育は組織全体で取り組むことが重要です。


教育係となるスタッフと上長や本部が密に連携し、新人教育の進捗や課題を頻繁に共有できる環境を整えましょう。

また、教育係の負担を減らすために外部研修を活用する方法も有効です。


新人教育のポイント


新入社員が相談しやすい環境をつくる

新人教育に欠かせないことは新入社員が相談しやすい環境をつくることです。

業務が多忙な場合、教育係が常に気にかけることは難しいでしょう。


しかし、新入社員は「聞きたいことがあるけど、今聞いていいのか分からない」「自分はちゃんと歓迎されているのかな」と不安に感じてしまう可能性があります。


そのため、教育係以外にも新入社員を気にかけ、誰にでも相談できるような環境づくりを組織全体で意識することが重要です。


仕事の手順のみでなく目的も伝える

業務にはそれぞれ行わなければならない理由があります。

新入社員に背景や目的を伝えずに業務手順だけを説明した場合、仕事に対するモチベーションが低下する恐れがあります。


業務を行う意味や目的を知ることで取組み方やモチベーションは大きく異なるため、仕事を任せる際は、必ず背景や目的を踏まえて説明しましょう。


教えるだけでなく実践させる

業務内容の説明が終わったら実際に実践させることが重要です。

「見て覚えて」という指導方法もありますが、こうした指導方法で仕事を覚えられる人はごく一部です。


教育係が実演した後に新入社員に実践させることで、理解度が上がり早く仕事を覚えてもらえます。

「失敗は成功のもと」という言葉もあるように、失敗のリスクを理解した上で、思い切ってやらせることも大切です。


評価を丁寧に伝える

仕事を任せてそのままにすることは、せっかくの仕事を通じて成長する機会を無駄にしているのと同じです。

新入社員に業務を任せたら簡単でもいいので、その都度評価することを心がけましょう。


ここで注意が必要なのは、「できていないこと」ばかり伝えるのではなく、「できていたこと」もしっかりと評価することです。

良かった点を伝えることで、モチベーションが上がり、向上心が芽生えます。


また、できていないことを伝える際には「なぜできなかったのか」をヒアリングした上で、アドバイスをすると新入社員の成長につながります。


新人教育に有効な方法


OJT

OJTとは「On-the-Job Training」の略で、教育係となる先輩社員が付き添って日々の業務を教えるという指導方法です。


実際の業務を通して指導できるため、多くの企業で導入されており、即戦力を育成したい際に有効です。


また、教育する側もアウトプットすることで業務に対する習熟度が上がるなど、教える側と教えられる側の双方にメリットがある方法となります。


動画マニュアル

現在の新入社員にあたる「Z世代」は、中学生時代からスマートフォンが普及しており、初めて持った携帯電話がスマートフォンという方も少なくありません。


そのため、InstagramやYouTubeなどのコンテンツを通して、映像から視覚的に情報を取り入れるビジュアルコミュニケーションに長けています。


こういった傾向から、文字や画像のみのマニュアルよりも動画マニュアルの方が理解度が高まる可能性が高いです。

また、動画マニュアルは通勤時間などの隙間時間で視聴可能なため、定着率が高いというメリットもあります。


▼関連記事

  研修動画とは?導入するメリットから動画制作時のポイントまで徹底解説! 近年、従来の集合型研修から動画研修へと移行する企業が増えてきました。 とはいえ、「どういう動画が効果的か分からない」「動画制作のノウハウが不足しているため、制作時のポイントを知りたい」などのお悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、導入するメリットから動画制作のポイントまで徹底解説いたします。効果的な研修に是非お役立てください。 株式会社エス・グルーヴ


外部研修

新入社員が店舗に慣れてきたこの時期、「新入社員の人数が多く、普段の仕事ぶりや業務に対する意欲などの状況が掴みづらい」「新入社員のスキルを向上させたい」などのお悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。


そういった場合は外部に研修を依頼することが効果的です。

外部研修では、自社で研修を実施するよりもコストはかかりますが、プロによる指導でより専門的な知識やスキルを身につけてもらうことが可能です。


また、外部研修は客観的視点で不足しているスキルを判断してもらえることから、自社のみでは発見できなかった課題の抽出や解決法を導くことができます。


▼エス・グルーヴの教育研修サービスに関するお問い合わせはこちら

  お問い合わせ 株式会社エス・グルーヴへのご質問やご不明点などのお問い合わせは、こちらのページから承ります。必要事項を記入のうえ、送信ボタンを押してください。アパレル・ファッション業界に関する人材支援サービスはエス・グルーヴにおまかせください。 株式会社エス・グルーヴ


まとめ

今回は、新人教育にお悩みの方のために、新人教育のポイントからNG行動まで幅広くご紹介しました。


新人教育は新入社員の性格や価値観を把握しながら、それぞれにあった指導方法を試行錯誤することが成功の秘訣です。

新人教育に成功すると、即戦力人材に成長してもらえ、店舗全体の業務効率が向上するなど企業や教育する立場からしても大きなメリットがあります。



とはいえ、「当初計画していた指導方法が適していない」「新入社員がどれくらい成長したのかを企業として把握する機会が欲しい」などのお悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。


そういった場合は、エス・グルーヴの教育研修サービスがおすすめです。


エス・グルーヴでは経験豊富なトレーナーによる研修と販売アドバイザーによる直接指導を実施。

新人教育研修やロープレイング大会の運営、フォローアップ研修など、様々なプログラムを用意しており、貴社のお悩みに合わせてカスタマイズしたカリキュラムをご提案します。


また、オンラインにも対応しているため、コロナ禍でも安心して研修を実施することが可能です。

アパレル販売員の新人教育にお悩みの方は、是非エス・グルーヴの教育研修サービスをご検討ください。






▼エス・グルーヴが提供する教育研修サービスの詳細はこちら

  教育研修サービス TSIホールディングスグループの実績に基づき、蓄積されてきた販売教育研修プログラムを、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしご提供いたします。経験豊かなトレーナーによる教育研修や、販売アドバイザーが直接赴き指導いたします。 株式会社エス・グルーヴ


CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【お役立ち資料】
アパレル業界における
人材確保へ
解決すべき3つの優先課題解決ガイド

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧