ブログ記事一覧

catch-img

アパレル販売員のアルバイト採用に最適な求人作成のコツ・求人媒体の選び方


「アルバイトの求人を掲載したけど、なかなか人が集まらない...」

「そもそもどの求人媒体がいいか分からない…」

アルバイトの採用活動を行う上で、このようなお悩みを抱えている企業の方も多いのではないでしょうか。


本記事では、求職者が職場選びで重視するポイントや、応募が来ない原因・対策を解説していきます。上記のお悩みをお持ちの方は、効果的な採用活動にお役立てください。



目次[非表示]

  1. 1.求職者がアルバイト選びで重視しているポイント
  2. 2.応募が来ない原因と対策
  3. 3.まとめ



求職者がアルバイト選びで重視しているポイント

そもそも求職者はアルバイトを探す際、何を重視して職場選びをしているでしょうか。

応募数を増やすには、求職者のニーズを把握することが最も重要です。


重視するポイントは、雇用形態や業種によって異なります。そのため、アルバイトを探している方が、何に注目し、求人を見ているか把握しましょう。


ディップ株式会社が7000人を対象に行った『応募を検討するための大切な要素』の調査によると、


・第1位 「仕事内容」(45.1%)

・第2位 「給与」(41.3%)

・第3位 「勤務地」(40.3%)


となっていることから、アルバイトを探している多くの方が、「仕事内容」を重視している事がわかります。

とはいえ、給与や勤務地など、企業にとっては変更しづらい点であるため、記載方法を見直すことが有効です。


次項目では、応募が来ない原因と対策をご紹介します。上記の求職者のニーズを把握した上で、ベストな対策を練りましょう。



応募が来ない原因と対策


原因①「仕事内容」の情報が具体的ではない



応募が来ない原因として考えられる1つ目は、求人の「仕事内容」の情報が具体的ではないことです。


前述の調査の通り、求職者がアルバイト・パート求人に応募する際、最も重視しているポイントは「仕事内容」です。

さらに、同調査では「仕事内容」を具体的に知ることで、6割弱の求職者が「応募意向が高まる」と回答しています。


仕事内容が簡易的な場合、職場のイメージが湧きにくく、求職者にとっては不安要素となってしまいます。ポイントを確認しながら自社の求人を見直してみましょう。


策①‐1:具体的な業務内容を記載する

求職者は「思っていた仕事と違った...」というようなリスクを回避するため、仕事内容について詳しく記載している求人に応募が集まりやすい傾向があります。


なかでも、求職者が最も知りたい情報は「1日の業務の流れ」です。

主な仕事内容に加えて、大まかなスケジュールを記載することによって、求職者は働く姿をイメージできます。


企業は求職者の目線に立ち、なるべく細かく仕事内容を記載しましょう。


対策①‐2:必要なスキルはハードルを下げる

求職者は「業務に必要なスキル」も応募基準の一つとして重視しています。


とはいえ、ハードルが上がってしまうような条件は応募につながりにくいため、書き方に注意する必要があります。


例えば、基本的なパソコン操作ができる人を募集したい場合、「PCスキル」と記載するのではなく「PCスキル(キーを見て文字を入力できればOK!)」というように、敢えて易しい内容(事実)を追記すると、求職者の応募意欲低下を防ぐことができます。


また、スキルについて記載する際は、本当に必要なスキルが何かを決定した上で「必須資格」と「歓迎資格」に分けて記載しましょう。

求職者にとって分かりやすい内容を心がけることで、求める人材からの応募数増加につながります。


上記のように仕事内容について詳しく記載することは、応募数の増加に効果的なだけでなく、企業側にとっても採用後ミスマッチを軽減できるというメリットがあります。


質の高い求人を作成し、より良い採用活動につなげましょう。



原因②募集職種に合った求人媒体を利用できていない



応募が来ない原因として考えられる2つ目は、「募集職種に合った求人媒体を利用できていない」ことです。


採用活動を行う上で、求職者との接点となるメディアは大きく3つに分けられます。


・オウンドメディア:企業が自分たちで所有しているメディア(自社サイトなど)

・ペイドメディア:費用を支払う広告(求人媒体など)

・アーンドメディア:SNS(Twitter・Instagramなど)


今は自社サイトや自社コンテンツといったオウンドメディアのメンテナンスだけでは、採用活動を成功させることが難しくなっています。

この事から、最近では、3つのメディアを使い分けて活用する方法が主流となっています。


なかでも、短期間で多くの求職者にアプローチできる求人媒体(ペイドメディア)は採用活動の成功において、今や必要不可欠です。


しかし、募集職種に合っていない媒体を利用していると、応募が集まらずコストが無駄になってしまいます。

リスクを最小限に抑えるには、「媒体の選び方」を意識する必要があります。


対策②‐1:アパレル販売スタッフの募集にマッチした求人媒体を選ぶ

現在は求人サイトも多様化しており、アルバイト専門や正社員専門といったようにそれぞれの雇用形態や業種に特化したサイトが増えています。


そのため、求人媒体を利用する際は「ターゲット層となる人材が、この媒体を見ているか」が最も重要になってきます。


例えば、全業種が掲載されている媒体の場合は、利用者数は多いものの、広範囲だと求人が埋もれやすくなってしまうため、ターゲットにアピールしにくいというデメリットがあります。


特にアパレル業界では、ファッションへの関心や、ブランドとの相性も重要であり、ターゲット層に確実にアプローチすることが必要となってきます。


従来の求人媒体で応募が来ないという場合は、ターゲット層が利用している求人媒体でない可能性があります。全業種が掲載されている媒体を利用している場合は、アパレルに特化した求人媒体に切り替えることをおススメします。

さらに、アパレル専門の求人媒体のなかでも、アルバイト採用を強みとしている媒体を利用することが最も効果的です。


求人媒体を利用する際は、過去の実績だけで選定せず、求人ごとに戦略を立て、ターゲットとマッチする媒体を選びましょう。



まとめ


今回の記事では、「応募が来ない…」「スタッフの欠員が埋まらない」お悩みの方のために、求人作成のコツや求人媒体の選び方についてご紹介しました。

採用活動を成功させるためには、求人の見直しや、適切な媒体を選定していくことが非常に重要なポイントとなります。

とはいえ、「専任担当者がいない…」「面接などに時間を使いたい」といった企業では、求人の見直しや媒体の分析に注力する時間がないというケースもあるでしょう。

そういった場合は、求人作成や応募管理などの業務を代行してくれる採用支援サービスを利用することがオススメです。


エス・グルーヴでは、ファッションに特化したアルバイト・求人募集サイト「JobCoorde」「JOB GROOVE」を運営しており、アパレル業界での就職を希望する求職者の豊富なデータベースを保有しています。求人媒体への掲載はもちろん、求人サイトの運営コンサルティングやコーディネーターによる人材紹介まで、採用全般に関わる業務支援を行っております。


業界最安値水準の手数料となっているため、コストを抑えた採用活動を実現。経験豊富なプロの販売員を紹介・派遣することも可能となっており、販売員不足をすばやく、効率よく対応いたします。店舗の販売・運営をお任せいただくことも可能です。


アパレルの採用でお悩みの際は、是非エス・グルーヴの採用支援サービスをご検討下さい。




  求人媒体・人材紹介|アパレル・ファッション・コスメ エス・グルーヴの求人媒体・人材紹介サービスは、求人サイト運営とTSIホールディングスグループの販売スタッフ採用のノウハウを活かして、採用全般に関わる業務支援をご提供します。求人サイトへの掲載、人材紹介、人材派遣といった採用支援はおまかせください。 株式会社エス・グルーヴ


CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【お役立ち資料】
アパレル業界における
人材確保へ
解決すべき3つの優先課題解決ガイド

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

カテゴリ一覧

タグ一覧