ブログ記事一覧

catch-img

アパレル面接の服装とは?面接官が見ているポイントや系統別の服装例を解説!


アパレル業界に就職したいけれど、どのような服装で面接に挑めばよいのかお困りの方も多いのではないでしょうか?

そのような方のために、この記事ではアパレル業界の面接時の服装について、ポイントや注意点をまとめて解説いたします。


ファッション系統別に服装選びのポイントも詳しく説明しているので、アパレル業界への就職をご希望の方は、是非参考にしてください!


目次[非表示]

  1. 1.アパレル業界が私服面接を行う理由とは?
  2. 2.面接官が服装からチェックしているポイントって? 
    1. 2.1.ファッションセンスがあるか
    2. 2.2.ブランドイメージの理解ができているか
    3. 2.3.TPOに合わせた服装か
  3. 3.ファッションテイストごとのおすすめスタイル
    1. 3.1.カジュアル系ブランド
    2. 3.2.ラグジュアリーブランド
    3. 3.3.デザイナーズブランド
  4. 4.服装以外で注意すべき身だしなみ
    1. 4.1.メイク
    2. 4.2.髪型
    3. 4.3.靴・鞄・アクセサリー
  5. 5.まとめ


アパレル業界が私服面接を行う理由とは?


面接時の服装と聞いて、多くの方は「スーツ」を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、アパレル業界では「私服面接」がスタンダードです。


アパレル業界に私服面接が多い理由は、大きく以下3つの理由が挙げあられます。

①自由な社風をアピールするため
②ファッションセンスを見るため
③社会人としての常識があるか確認するため


上記のように、服装も大事な選考基準に含まれているため、普段通りの服装で面接に挑むことは好ましくないです。

以下で「面接官が服装からチェックしているポイント」について解説しているので、企業の意図を理解したうえで、服装を選びましょう!


面接官が服装からチェックしているポイントって? 

アパレル業界の面接において、服装は選考にどう影響しているのでしょうか。

ここからは、面接官が服装からチェックしているポイントを解説したうえで、面接官に好印象を与える方法をご紹介します。


ファッションセンスがあるか

アパレル業界は、ファッションやトレンドに敏感な業界です。

そのため、私服面接を通して、個性やセンスを確認しています。


トレンドを踏まえた上で、個性を取り入れた服装は、ファッションセンスがあると判断され、アパレル業界の面接では高い評価を受けられるでしょう。


ブランドイメージの理解ができているか

アパレル業界においては、ブランドイメージは非常に重要な要素です。

私服面接では、応募者がブランドイメージに合った服装をしているかどうか判断することが可能です。


ブランドイメージにマッチしたスタイルであったり、ブランドの商品を着用している場合、その企業に適した人であると判断される可能性が高く、面接官に好印象を与えられます。


TPOに合わせた服装か

私服面接といっても、スウェットやパーカーといったラフすぎる服装で面接に向かうと、面接官に「常識がない」とマイナスな印象を与えてしまいます。

また、ビーチサンダルやスポーツサンダルもNGです。


受ける企業によって異なりますが、服装に迷った場合はジャケットスタイルが無難です。

あくまでも “面接” ということを忘れずにTPOをわきまえた服装で挑みましょう。


ファッションテイストごとのおすすめスタイル


ここでは、代表的なファッションテイスト別に特徴と面接でおすすめの服装をご紹介します。

服装選びの際に、是非参考にしてください。


カジュアル系ブランド

※上記はカジュアルブランドのイメージ画像です


カジュアルファッションとは、リラックスした雰囲気でありながら、ラフなシルエットにファッション性を追求したスタイルのことを指します。

ビジネスやフォーマルな場所ではなく、日常生活で着用されるような服をイメージすると良いでしょう。


カジュアルファッションでは、デニムやTシャツ、スニーカーなど多様なアイテムを使用できます。

カジュアルブランドの面接におすすめな服装


・デニムやスラックスなどのカジュアルなボトムスにジャケットやジレなどのきれいめアイテ

 ムをMIXしたスタイル

※過度なダメージジーンズは避けましょう!


・ポリエステルやリネン素材のロング丈シャツワンピース


など、カジュアルアイテムにきれいめ要素をMIXした服装を推奨します。


ラグジュアリーブランド

※上記はラグジュアリーブランドのイメージ画像です


ラグジュアリーブランドのファッションとは、高品質な素材、洗練されたデザイン、高いクラフトマンシップ、そして高価格帯などが特徴的な、高級なファッションスタイルのことを指します。

そのブランドのイメージやブランド価値が高く、それらを象徴するロゴやアイコンも多様されいています。


エレガントな普段着やパーティー・イベントなど特別な日に着用されることが多いです。

ラグジュアリーブランドの面接におすすめな服装


・ビジネススーツやドレスなど、フォーマルなスタイル


・サテン素材などの上品な印象のブラウスやシャツに、フォーマルなスカートやパンツを合わ

 せたスタイル


など、上品かつ洗練された印象の服装を推奨します。


デザイナーズブランド

※上記はデザイナーズブランドのイメージ画像です


デザイナーズブランドのファッションは、デザイナーの独創性や芸術性が色濃く表現された斬新なデザインが特徴です。


高品質かつ洗練されたデザインで、主にセレクトショップや百貨店で販売されており、希少性が高いことから熱狂的なファンが多いのも特徴のひとつです。

デザイナーズブランドの面接におすすめな服装


・クリエイティブなデザインのアイテムを取り入れたスタイル


・上品で洗練されたスタイル


・カジュアルな服装に、斬新なデザインのアクセサリーや小物で個性を出したスタイル


など、個性的なアイテムを取り入れた服装を推奨します。


服装以外で注意すべき身だしなみ

アパレル業界の面接では服装以外の身だしなみもチェックされることがほとんどです。

以下に服装以外で注意すべき3つのポイントをご紹介します。


メイク

メイクは服装と同じくらいに重要なポイントです。

適切なメイクをすることで自分自身の印象を高め、ブランドに対する姿勢をアピールすることができます。

以下ではメイクで特に見られているポイントを3つにまとめました。

髪型

服装とメイクが完璧であっても髪型で印象をガラリと変えてしまう程、髪型も重要なポイントです。

以下では髪型で特に見られているポイントを以下に3つにまとめました。


■清潔感を与える

アパレル業界では清潔感がとても重要です。

面接当日は、髪をしっかりと洗い、清潔な状態にしましょう。

また、髪についたヘアスプレーやジェルなどの残り香も避け、自然な状態に仕上げることが望ましいです。


■髪色にも注意を

実はアパレル業界でも、髪色にも注意を払う必要があります。

派手な髪色は控えめにし、自然な髪色であることが求められます。

また、髪の毛がパサついたり、乾燥している場合は、トリートメントを使用して、しっかりとケアをすることが大切です。


■ヘアアレンジは適度に

適度なヘアアレンジを好むブランドは多く存在します。

しかし、過剰なヘアアレンジや派手な髪型は逆にマイナスイメージを与えてしまうため、そのブランドのコンセプトに合ったヘアアレンジをするよう心掛けましょう。


靴・鞄・アクセサリー

面接では靴や鞄、アクセサリーにも注目が集まることが多いです。

商品開発やバイヤー、プレスなどのポジションによっては、服飾雑貨のアイテムに関する知識やセンスが求められる場合もあります。


以下では服飾雑貨で特に見られているポイントをアイテムごとにまとめました。


■靴

靴とひとまとめにいっても、面接で履いてOKな靴とNGの靴があります。

受けるブランドによっても異なりますが、一般的にOK・NGとされている靴の種類をご紹介します。



OKな靴:パンプス、ローファー、ブーツ、スニーカー


NGな靴:サンダル、シューズサンダル、ビーチサンダル



■鞄

鞄は、持ち運ぶものを収納するだけでなく、アクセントとなることもあります。

こちらも靴と同様、受けるブランドによっても異なりますが、一般的にOK・NGとされている鞄の種類をご紹介します。



OKな鞄:トートバッグ、ハンドバッグ (どちらもA4の書類が入るもの)


NGな鞄:リュックサック、ショルダーバッグ、クラッチバッグ



■アクセサリー

アクセサリーは、個人のセンスをアピールできるため、取り入れると良いでしょう。

こちらも受けるブランドによっても異なりますが、一般的にOK・NGとされているアクセサリーの種類をご紹介します。



OKなアクセサリー:腕時計、ピアス(イヤリング)、ネックレス


NGなアクセサリー:アクセサリー全般で過度に派手なものや大ぶりなもの



以上の内容には例外もあります。

ブランドイメージに合うかどうかでメイクや髪型、服飾雑貨が派手であっても、ブランド理解ができているという点でプラスに働くことがあります。


以上から、面接を受ける際は、ブランドイメージをきちんと理解したうえで、身だしなみに気を付け、自分をアピールしましょう。


まとめ

今回は、アパレル面接を受けるにあたって、知っておきたい服装のポイント・注意点について解説しました。


アパレル面接の服装は、基本的なことは他の業界と同じです。

しかし、アパレル業界では、服装が選考基準となっていることをきちんと理解しておくことが重要です。


また、面接で着る服装のコンセプトを説明できるよう、自身の中で設定しておきましょう。


アパレル面接が初めてで不安という方は、今回ご紹介したポイントを再度確認し、今後の就職活動に是非お役立てください。



◆JOB GROOVEはファッション・ビューティー業界の求人サイト

人気のカジュアルブランドから、憧れのセレクトショップまで多数求人を掲載。

アルバイトから派遣、正社員まで幅広い雇用形態の求人情報が揃っています。

◆S-GROOVE(エス・グルーヴ)とは

アパレル大手のTSIホールディングスグループの人財子会社で、ファッション・ビューティー業界に関する人財の課題を様々なサービスで解決する人財支援サービス企業です。

CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【お役立ち資料】
これ1つで販売代行のすべてが分かる!
【無料】販売代行まるわかりBOOK!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧