ブログ記事一覧

catch-img

アパレル販売員の不足、効率よく乗り切るたった1つの方法


販売員の不足は、アパレル業界にとって大きな課題です。


近年では、企業が直接求職者へアプローチをする採用手法であるダイレクトリクルーティングをはじめ、“攻める採用手法”が強く押し出されています。

しかしながら、費やす労力と天秤にかけると踏み出しにくいという実情もあります。

そんな中、より良い人材を採用するために採用手法を模索してはいるものの、結局同じ求人媒体への掲載を繰り返しているという人事担当の方も多いでしょう。


そこで本記事では、時間も労力もかけずに効率よく、即戦力となる販売員を確保する手段について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.アパレル販売員の不足は人材支援サービスで解消できる
  2. 2.人材支援サービスを選ぶポイント
    1. 2.1.スキルを問わず広く採用したい場合
    2. 2.2.自社にマッチした人材を採用したい場合
  3. 3.まとめ


アパレル販売員の不足は人材支援サービスで解消できる


リアル店舗を構える以上、販売員は不可欠です。

販売員不足は質の高い接客ができなくなるほか、一人あたりの業務負担が増加するという懸念もあります。


しかし、過度な業務負荷は離職率を上げる原因にもなってしまうため、先送りもできません。

そんなアパレル販売員不足の理由は以下の2つが挙げられます。


【アパレル販売員不足の2つの理由】


1. 流行り病の影響でオンライン接客やSNS運用の需要が高まった

オンライン接客やSNS運用の需要が高まったことから、各社で採用基準を見直し、販売力を強化しようという動きが出てきました。



2. 採用活動に割く時間と労力を確保できない

採用計画から実際に採用するまでには、時間と労力が必要です。

そのため、なかなか採用活動に踏み切れないといったケースも多いようです。



これらの課題を解決できるのが「人材支援サービスを活用する」という方法です。

自社で解決できない採用課題は、外部サービスの利用によって効率化できます。


人材支援サービスを選ぶポイント

人材支援サービスの一番のメリットは、採用ノウハウが高い企業からサポートしてもらえるという点です。

採用難が続くなか、需要の拡大に合わせてサービスを提供する企業が増加しています。


人材支援は、独自で展開している求人媒体への掲載や、人材紹介・派遣などさまざまなサービスが提供されています。

コストや求める人材によって適したサービスが異なるため、自社の課題・目的に合わせて選びましょう。


スキルを問わず広く採用したい場合

スキルを問わず、広く採用活動をしたい場合は、求人媒体への掲載が適しています。

以下に求人媒体への掲載のメリット・デメリットをご紹介します。


■メリット
・スキルを問わず、より幅広い人材を採用できる
・母集団を形成しやすい

■デメリット
・求人掲載は有料なケースがほとんどであるため、応募が来ない場合はコストが無駄になってしまうリスクがある
・応募者が独自で判断して応募するため、マッチングしづらい


上記のデメリットで挙げたリスクを最小限に抑えるには、「媒体の選び方」を意識する必要があります。


現在、求人媒体は以前に比べて多様化しています。

そのため、選定の際は、特性や種類についてしっかりと理解することが重要です。


そこで、求人掲載において大切なポイントを以下に紹介します。


求人媒体の選び方のポイント

■採用ターゲットが利用しているか

全業種が掲載されている媒体ではなく、ターゲットにアピールしにくいという側面があります。

特にアパレル業界では、ファッションに関心が高いことはもちろん、自社商品との相性も大切になるため、採用ターゲットが利用しているか把握しておきましょう。


■求人媒体との相性

求人媒体は、業界や雇用形態などそれぞれに強みがあります。
そのため、各求人の強みを理解し、ターゲットと求人媒体の相性を見極めることが非常に重要です。


もし、従来の求人掲載で応募が来ないという場合は、ターゲットが見る媒体ではない可能性もあるため、アパレルに特化した媒体に切り替えることも有効な方法です。


人材支援サービスを利用して求人媒体に掲載する場合は、アパレルに特化した企業で、ターゲットと媒体の強みがマッチするものを選びましょう。


自社にマッチした人材を採用したい場合

自社にマッチした人材を採用したい場合は、人材紹介の利用が適しています。

以下に人材紹介のメリット・デメリットをご紹介します。


■メリット
・事前に設定した条件を満たしているため、採用マッチング率が高く、早期離職率が低い
・選考にかかる時間を削減でき、すばやく人材を確保したい場合に最適

■デメリット
・登録者が少ない場合、自社とマッチした人材に出会えない可能性がある


この他にも、派遣会社と雇用契約を結んだ人材を一定期間派遣するのに対して、人材紹介はマッチングした企業と求職者が直接雇用するサービスのため、長期で働ける販売員が欲しいときに適しています。


効率よく人材とマッチングするためには、アパレルに強い人材紹介サービスを選ぶことをおすすめします。


まとめ

販売員の不足は、アパレル業界を大きく悩ませている問題です。

採用手法は多様化していく一方ですが、手法によっては難易度も高く、実行に踏み切れないケースも多いでしょう。


そういった場合には、自社で抱え込まずに外部サービスをうまく活用することも一つの方法です。


それぞれの特性を理解した上で、最適を手法を選択しましょう。




エス・グルーヴでは、大手アパレル会社の販売スタッフ採用のノウハウを活かし、採用全般に関わる業務支援を行っています。


業界最安値水準の手数料となっているため、コストを抑えた採用活動を実現。

求人サイトへの掲載から、コーディネーターによる人材紹介、採用業務のアウトソーシング、採用戦略の立案、求人サイトの運営コンサルティングにいたるまで多角的にサポート。

貴社の課題に合わせたカスタマイズが可能です。


アパレル業界の人材獲得にお悩みの際は、エス・グルーヴの採用支援サービスをご検討下さい。


≫エス・グルーヴのサービス紹介資料ダウンロード(無料)はこちら






CONTACT

お問い合わせ

ファッション販売の人材獲得や採用についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください
【セミナー情報】
スタッフコンテンツでお困りの方必見!
撮影・運営のコツについてのオンラインセミナーはこちら!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧